毎日何気なく行っている洗顔は、スキンケアの基本中の基本です。洗顔を怠ると汚れがたまって吹き出物が出来たり、くすみの原因になったりします。正しい洗顔で、健康的な素肌を保ちましょう。

様々な洗顔料の種類と特徴

誰でも1日に一度は使用する洗顔料ですが、その種類には様々なものがあります。
まず馴染みがあるのは身体を洗う石けんと同じ形ではありますが、その用途は洗顔用に作られた石鹸タイプの洗顔料です。
最近の洗顔石鹸は洗浄成分の他に、天然成分や美容成分が加えられているものが多いと言うことが特徴になっています。
次によく見かけるのはクリームタイプの洗顔フォームです。
チューブに入っているものが多いです。
洗い上がりがさっぱりするもの、しっとりするものなど、その特徴は商品によって様々です。
泡タイプの洗顔料は洗顔ムースとも呼ぶことがあり、ポンプタイプの容器に入っていることが多いです。
最初から泡立っているので泡立てる手間がなく便利ですが、洗浄力などは商品によって様々です。
透明のジェルタイプの洗顔料は、洗浄力が強いものが多いという特徴があります。
パウダータイプのものは、水分を含まない粉状で市販されていて、水を加えて泡立てることで使用することができます。
酵素を含んだ洗顔料に、このタイプのものが多いです。
パウダータイプは添加物が少ないものが多いのですが、非常に数が少ないため探すのが困難で、水に濡れたまま保管すると使えなくなることがある等、取り扱いがやや難しいという特徴もあります。
どの種類の洗顔料を選べば良いのかということは、肌のタイプや年代などで大きく変わってきます。
タイプによって洗浄力や使い心地が違うのはもちろんですが、メーカーによって、またはその成分によって、かなりの違いがあります。
どの種類を選べば良いのかわからない場合は、化粧品店やドラッグストアなどで試供品があれば、それを使ってみるのが良いでしょう。
また通販などではお得な価格でのお試しセットを販売しているのをよく見かけます。
そういう商品を試してみて、自分の肌にぴったり合った洗顔料を見つけるのも良いでしょう。