洗顔を変えれば、肌が変わる!

毎日何気なく行っている洗顔は、スキンケアの基本中の基本です。洗顔を怠ると汚れがたまって吹き出物が出来たり、くすみの原因になったりします。正しい洗顔で、健康的な素肌を保ちましょう。

洗顔の役割について

 「洗顔」とは読んで字の如く、顔を洗うことです。しかし顔を洗うといっても目的ややり方などは人によって異なり、様々な方法や役割があります。朝起きて眠気覚ましにただ水で洗うという洗顔や、メークや汗を落とすための洗顔などがあります。またスキンケアなどの「美容」としての洗顔もあります。その場合は洗顔料などで洗い、ケアする方法などがあります。洗顔は肌をケアするうえでの基本であり、基礎でもあります。顔は人と関わるうえで、体の部位の中でも一番見られる部位です。ちきんと洗顔で肌をケアすることで、人と会うとき自信を持って接することができます。
 上記で述べたとおり、ただ「洗顔」といっても方法がありそして役割があります。しかしどの方法も元をたどれば、「顔についた汚れや皮脂を落とすこと」です。朝起きての洗顔も、メークや汗を落とすための洗顔も、美容のための洗顔も役割はどれも汚れや皮脂を落とすためです。顔についてある汚れや皮脂を落とすためにはただやみくもに顔を洗えばよいというわけではありません。顔を洗うにも正しいやりかたがあります。
 汚れや皮脂を落とすというと、「しっかり洗わなきゃいけない」とゴシゴシ洗うという方法をするのは、肌にとってあまりよくありません。ゴシゴシと強く洗ってこすることによって、顔の肌が傷つき、かえって顔の肌にダメージを与えてしまうという結果になることもあります。また洗顔料を使って顔を洗う場合、しっかりと泡立たせずに、そのまま顔を洗うという方法もあまりよくありません。せっかく洗顔料を使ってもあまり洗顔料としての機能をしっかり生かさずに使ってしまうことになります。また洗顔料を使う場合は、まず自分の肌に合っているかどうかも大切なポイントです。「安いから」や「しっかり汚れが落ちそう」などと思い、深く考えずに洗顔料を使ってしまうと、肌とあわず肌のトラブルにつながるというケースになってしまってはもともこもありません。洗顔料を使う場合はしっかりと考え、特に「肌が弱いかも」と思う方や「アレルギーがあるかもしれない」というかたは自分に合った洗顔料を選ぶことから洗顔を始めてみましょう。それに伴い、自分の肌がどのタイプなのかを知ることも洗顔にとっては必要です。オイル肌なのか、乾燥肌なのか、または敏感肌なのかを知ることも大切です。知ることで、洗顔料を選びやすくなります。
 朝顔を洗い、夜メークや汗を落とすため顔を洗う。ただの「洗顔」といっても私たちにとっては毎日行うことでとても大切なことです。

■女性は見ておいて損はないですよ
医療レーザー脱毛